トップページタイトル画像
kouyou-top

唯称庵跡のカエデ林

唯称庵跡のカエデ林ってどんなところ?紅葉の時期をチェックしよう

高僧の住んだ庵跡をひっそりと赤く染まったカエデ林がつつみこむ。広島県の天然記念物として指定。例年見頃は11月上旬~中旬。

「唯称庵跡のカエデ林のいわれ」

今から約200年も前、1822年(文政5年)のことです。
この地の豪農であった安国家は、幼い子どもを亡くしてしまい、その霊を慰めるため、浄土宗の高僧であった「徳本上人」の弟子である「本励上人」を大阪より招き入れることとなりました。
その際に滞在してもらった庵は「唯称庵」と名付けられ「本励上人」はここに約17年間滞在されることになります。

庵(いおり)とは僧侶の住む、小さな簡単な住居のとを言いますが、残念ながら1960年に傷みが激しくなったことで解体されました。今でもカエデ林のなかにひっそりとその遺構を見ることができます。

もともとカエデ林は、「本励上人」が京都から苗を取り寄せ、庵の周りに植栽されたものだそうですが、それから250年の時を経て、1978年には広島県の天然記念物として指定を受けるほどにまでなっています。

唯称庵跡のカエデ林の詳細情報はこちらです

所在地広島県安芸高田市甲田町上甲立1853
例年の見ごろ11月上旬~中旬
ロケーション

  • 自然

唯称庵跡のカエデ林へのアクセスMAP

the village with UA 千畳敷

千畳敷の気持ちの良い風に吹かれながら、心地良い音楽や食事を味わい過ごす素敵な時間をみんなでー

最近の投稿