トップページタイトル画像

除菌消臭チャーミスト絶対使うべき!99%の除菌率を誇るチャーミストで家庭内の除菌・ウイルス対策を万全にしよう

手洗いうがいだけでは不十分!家庭でできるウィルス対策

外から帰ってきたら「手洗い」と「うがい」、これはみなさん効果的なウィルス感染からの予防策として、日常的に行われている方がほとんどだと思います。

特に抵抗力の弱い小さいお子さんのおられるご家庭では、子どもだけでなく、大人もしっかりと予防策をとるのが親の責任というもの。しかし、ご家庭でできる対策はこれだけでしょうか?

いえいえ、意外と見過ごしがちなのが、自分の体以外の箇所です。

例えば、ドアノブや手すりなど日常よく手を触れる場所が、意外な盲点となりやすいんです。

次亜塩素酸ナトリウム

なんだか聞き慣れない薬品の名前ですよね?実はこの次亜塩素酸ナトリウム、身近に使われているものでいうとご家庭ではたいてい常備されていることの多い「ハイター」がそうです。

そう、この次亜塩酸ナトリウムは、漂白効果だけでなく、強力な除菌効果も持っているのです。

特に冬場に流行する※1.ノロウィルスの除菌では最も常用されている薬剤で、※2.インフルエンザウィルスチフス菌・大腸菌・ブドウ球菌・サルモネラ菌などへの除菌効果があります。
※1.ノロウイルスの不活化に関する研究の現状(国立医薬品食品衛生研究所)
※2.新型インフルエンザ等対策ガイドライン(内閣官房ホームページ)
この次亜塩酸ナトリウムによる消毒液を作るには、5%のハイター原液を0.02%に薄めて作ります。イメージしやすい容量でいうと、500ミリリットルのペットボトルに5ミリリットルのハイター原液を薄めればよいことになります。

簡単にできるハイター消毒液・・・でも使いずらいですよね?

ハイター消毒液は、様々なウィルスを消毒してくれ、たった5ミリリットルのハイター原液でペットボトル一本分の消毒液が作れますので、非常にコスパも優れています。

しかしその反面、扱いは容易だとは言えません。例えば、次のようなデメリットがあります。

独特の刺激臭がある

もちろん元はハイターです、薄めたといっても、独特の漂白剤のあの匂があります。

金属部分の使用が困難

ハイターの消毒液は、金属部分に使うと腐食してしまうので、仮に使用したとしても、そのあとを何度も水で拭き取らないといけません。

人体への危険性

ウィルスを消毒してくれるのはいいのですが、やっぱり漂白剤ですので、素手で消毒液に触ることによる手荒れや、万一目や口に入ったときは危険性もあります。

日持ちしない

ハイターの消毒液は、日光にさらされたり、時間経過で消毒の有効成分が無効になってしまいます。常に使用期限内の消毒液を用いる必要があります。

ハイターの消毒液に代わるチャーミストがすごい

やっぱり、ハイターを希釈して消毒液として用いるのには少し敷居が高そうです。そこで、おススメするのが、全国の東急ハンズでも販売開始されたチャーミストという製品です。

病院をはじめ、カフェ、レストラン、保育園などでも使用実績のあるこのチャーミストですが、さまざまな面で非常に手軽にできる家庭内の「新除菌消臭剤」です。

驚異の99%のウィルス除去率

チャーミストは、流行性ウイルスをはじめ、厄介な菌類にも有効な「次亜塩酸ナトリウム」の単一製剤です。また、たばこや雑菌の悪臭にも有効!

成分は安心・安全

いくら除菌効果が高い商品でも、安全性がないと安心して使用できないものですよね。その点、チャーミストは、無味無臭、無刺激な製品です。ハイターの消毒液だと独特の刺激臭がありますので、小さいお子さんがいらっしゃるご改定でも安心して使うことができます。

環境に配慮され、人と自然に優しい製品

チャーミストは、次亜塩酸ナトリウムと高純度な希釈水を特殊製法で混合した製品です。ハイターの消毒液は時間と共に、また日光が当たったりすることで消毒に有効な成分がなくなってしまうので、扱い方も容易です。

また、ハイターの消毒液は金属への腐食性が高いので、手すりの金具やねじなど、金属部分への使用が困難でしたが、チャーミストは金属への腐食性や有毒ガスなどの発生がなく自然環境にも優しい製品となっています。

  • ご家庭内の感染対策をしたい!
  • 流行性ウィルス(インフルエンザ)などの予防対策をしたい!
  • 臭いのもとを除菌して消臭したい!

こんな要望にスマートに答えてくれる除菌消臭剤、チャーミスト、市販もされていますが、こちらの公式サイトからだと、一番売れ筋の「お徳用セット」が送料無料で購入できるので大変おススメです。

今スグ、かんたん、手軽に使えしかも安全・安心なチャーミストでご家庭のウィルス対策を万全にしてみませんか?

チャーミストはこうやって誕生した!

チャーミストは、もともと医療機器メーカーであった会社が開発を行いました。

シビアな清潔環境が求められる医療機関において「いかに医療機器の消毒を行うか」という課題に直面し、その方法を模索されていたそうです。

なぜ医療機器の消毒が難しいのかというと、従来から消毒液として用いられていた次亜塩酸は機器を腐食させてしまうからなのです。

そういった条件の中、医療機器にも利用できる次世代型の除菌剤として、チャーミストは誕生しました。

チャーミストは医療機関はもちろん、公共の交通機関、飲食店など、幅広くプロフェショナルに選ばれる商品として開発いたしました。

ぜひ、みなさんにも、チャーミストの除菌、消臭能力を実感していただきたいと思います。

一般家庭での利用シーン

  • まな板の除菌、包丁の除菌、水回りの除菌
  • ペットの消臭
  • 洋服、靴の消臭
  • ベッド、ソファーの除菌、消臭
  • まくら、クッションの除菌、消臭
  • カーペットの除菌、消臭
  • おむつを変える場所の除菌
  • お風呂場のカビ予防、水回りの除菌
  • トイレの便座や、ハンドル、ドアノブなどの除菌

このような除菌、消臭を徹底して行いたい場所って、どのご家庭でもありますよね?

ちなみにプロの現場ではこのような場所に使われています。

プロの現場でも使われています

病院

外来待合室の空間除菌、診察台の除菌
院内の売店での販売カフェ調理場、テーブル、トイレの便座やドアノブなどの除菌

レストラン

まな板の除菌、包丁の除菌、水回りの除菌

保育園

ご飯を食べる場所の除菌、園児のおもちゃや砂場の除菌
おむつを変える場所の除菌、トイレ周りの除菌、カーペットの除菌

スタイリスト

借りて来た洋服、靴の消臭

プロの現場でも利用実績があるということは、チャーミストの除菌効果が優れていることの照明であるとも言えますね。

今年こそは、手洗い以外にも対策を行い、ウィルスへの備えを万全にしていきましょう!公式サイトからは、お得なセットも購入ができます。

次のリンクからぜひ詳細をご覧ください。

最近の投稿