トップページタイトル画像

県民の浜の河津桜濃桃色の鮮やかな早咲き桜が美しい-広島県の河津桜の名所-呉市上蒲刈島にある県民の浜を訪ねる

桜といえば、4月のお花見を思い浮かべることが多いと思いますが、それよりも一足早く、だいたい1月下旬から2月にかけてきれいなピンク色の花をつける品種があります。「河津桜」という品種です。

広島県では、呉市の蒲刈に河津桜の名所があります。今回はちょうど満開の時期に訪ねることができましたので、その様子をご紹介してみます。

場所はこちらです

県民の浜・輝きの館
広島県呉市蒲刈町大浦7605

広島方面からのアクセスですが

  • 広島呉道路、あるいは国道31号線で呉市へ
  • 呉市から国道185号線で広→仁方と西進
  • 「安芸灘大橋」を渡って約15分

広島からの所要時間は、約1時間30分です。

県民の浜輝きの館・河津桜の場所と駐車場について

河津桜のある輝きの館とは、県民の浜という海水浴場に併設されている宿泊施設です。

温泉やレストラン、天体観測館などもありますので、夏のレジャーにはぴったりの場所です。

河津桜は輝きの館の北側の道路を挟んだ場所です、情報がなく、輝きの館のどこにあるのかわかりにくかったのですが位置は次の地図を参照してください。

場所さえわかれば、道路からも発見しやすいので迷うこともないかと思います。

付近の道路は「駐車禁止」となっていましたので、輝きの館の駐車場を利用すると良いと思います。駐車場からは歩いても2~3分です。

訪問日は2月25日、運よく、青空のもとで満開の河津桜を楽しめました。

河津桜はソメイヨシノと比べてピンク色も濃いんです。

しかも、開花期間が比較的長めですので、最低でも2週間から3週間は楽します。

奥のほうは小高い丘になっており、いろんな角度から満開の河津桜を見物しました。

どうやら、カメラマンたちにも河津桜は人気のようで、何を撮っておられるのかと思いますと・・。

どうやらこのメジロのようです。

メジロは数羽ではなく、2本くらいの河津桜に数十羽ほどやってきているようでした。

どうやら桜の蜜を狙ってやってきているんだそうです。

桜の下のほうに回り込むと光に透かされた河津桜がこれまたキレイ!

傍らに咲いていたスイセンとのコラボ、スイセンは寒い時期の花ですので、早咲きの河津桜との共演が可能なんです。

この河津桜、たくさんの本数があるというわけではなく、2~3本と少なめなんです。

しかし、木自体が大変大きいのと、やっぱりソメイヨシノより一段と濃いピンク色のおかげで、大変見ごたえのあるものでした。

2月といえばまだまだ寒い日が続くのですが、河津桜のように早めの花見は少しずつ楽しめるようになってくる時期でもあります。

あわせて3月ころには梅の花も見頃を迎えますので、こちらもぜひどうぞ!

では、今日も最後までご覧くださりありがとうございました。

県民の浜の河津桜 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
読み込み中...
5 (未評価です。)0
この記事を書いた人
ひろちゃん
いつもご覧いただきありがとうございます!

2児の父、独身時代にあっては大のドライブ好き。中国地方の国道は走ったことのない道はないという噂も… ここ最近は子供のために、新たな「おでかけスポット」の開拓に励んでいる。

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿