トップページタイトル画像

吉賀町カタクリの里貴重!まるで紫の宝石をちりばめたような美しい花が一面に広がる

今回は西日本でも大変貴重な「カタクリの自生地」をご紹介します。
カタクリは、昔は片栗粉の原料として日本各地で栽培されていたものだそうですが、近年その自生地が見られるところはわずかになってきているという、大変貴重なものです。

ちょうど3月下旬から4月上旬ことに紫色のきれいな花を咲かせ、花が密集している様子はまるで紫色の宝石をちりばめたような、美しさがあります。

5月には地上の草はすべて消えてしまうということですので、春の限られた期間しか見られないというわけです。

吉賀町のカタクリの里は、地域の住民の方が丁寧に保護、保存していただいているおかげで、少しずつ自生する面積を増やしてきました。

私が見学しているときも、時々訪れている方は「前よりだいぶ増えたね」なんておっしゃっていまして、地元の方の保全活動のおかげなんだと改めて思いました。

というわけで、場所の確認からです。

吉賀町カタクリの里の所在地について

所在地 島根県鹿足郡吉賀町樋口

吉賀町のカタクリの里へのアクセス

広島市からのルートは主に3種類、所要時間は約2時間30分程となります。

  1. 国道2号線か山陽自動車道で大竹市まで出て、国道187号線を北上
  2. 広島自動車道から中国自動車道に入り、島根県の六日市インターを降車
  3. 佐伯区の県道41号線から国道488号経由で吉和へ北上、吉和インターから六日市インターへ向かう

ずばりオススメは、1番です。国道187号線はそのほとんどを岩国の錦帯橋に流れる錦川に沿って走るルートですが、沿線の景色は大変キレイです。(ただしカーブが多い)

途中こんな場所もありますよ。カタクリの見ごろとちょうど同時期です。

国道187号線、あるいは六日市インターからは県道16号線に入り吉和方面に進みます。約5.6Kmほど進みますと左折するのですが、場所がわかりにくく多少迷ってしまいました。

このような田んぼのあぜ道のような道が続きます。

この看板を目指してください。

カタクリの花を観賞

カタクリの花は山の斜面一面に咲いています。

これ、全部カタクリの花です。見ているとよくわかるのですが、カタクリの葉にまじって、雑草も見え隠れします。これでカタクリの成長に支障がないほど、たぶん手作業で除草されているのでしょう。

きっと維持管理も大変なはずです。

ところで、読みのままですが、カタクリは当然片栗粉の原料となります。実際に使うのはこのカタクリの根っこの部分(地下茎)なんだそうです。

いまでは、市販のカタクリはほぼ馬鈴薯でんぷんが原料ですので、もしも、このカタクリを原料として片栗粉を作ったら、それはとても高級品になるでしょうね。

それから、カタクリの花の見頃ですが、今回訪問時は2019年4月4日でした、時々見に来られる方によると、これの状態で満開を少し過ぎているということでした。

そういえば、3月末に安芸高田市にミツマタを見に行った時、その近くのカタクリの花はまだつぼみでしたので、そう考えるとカタクリの花は比較的短い期間なのかもしれません。

安芸高田市のミツマタとカタクリの様子はこちら

付設されている説明の看板(一部)より

カタクリはユリ科の多年生草本で、3月下旬から4月上旬に開花し、5月には地上から消えていきます。昔、片栗粉は、この根からとられていました。
比較的寒い地方に咲く花です。かつては全国各地で見られましたが、近年は次第に姿を消しています。
ここ六日市町樋口に咲くカタクリは、長年にわたって○○さんと、土地の方々の努力によって大切に守られてきました。このようなカタクリの見事な大群生地は、今や西日本では貴重な存在となっています。

カタクリの里の周辺情報

カタクリの自生地から北へ少し行ったところには「山里食堂やまぶき」というお食事処があるということでしたので、こちらに立ち寄られるのもよいかもしれません。

こだわりの自然派メニューがおいしそう!

おススメの温泉

こちらでもご紹介しています「柿木温泉」はお湯の色がとても変わっている珍しい温泉です。

 

吉賀町カタクリの里 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
Loading...
5 (未評価です。)0

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿