トップページタイトル画像

毛利元就・陣太鼓バター風味の軽めの生地としっかりとした味わいの餡がおいしさを引き立てる。幾多の戦いに勝ち抜いた毛利元就ゆかりの陣太鼓をかたどったお菓子。

毛利元就・陣太鼓について調べてみた

広島といえば、三本の矢で有名な毛利元就ゆかりの地でもあります。

元就は、初陣から五十五年間にも及ぶ合戦に勝ち抜いてきましたが、元就陣太鼓は、戦いの際に打ち鳴らされてきた陣太鼓を模ったお菓子です。

製造元は広島のお菓子処「旭堂」創業63年の老舗で、お菓子ひとつ一つを完全手作りで製造しているというのが特色のお店です。

パッケージには「郡山城 元就陣太鼓」の文字と毛利家の家紋の入った紙の帯が付いていて、一目でそれとわかるデザインです。

郡山城は現在の広島県安芸高田市吉田町にあった中世の山城で、毛利家が現在の広島城に移るまでの居城(本拠地)として入城していました。

毛利元就・陣太鼓試食してみた!

ii

パッケージを開けると、焼き目の入った生地からほんのりとバターの香りがします。

そう、はさんであるのはクッキーに近い生地でその間に北海道産の餡が入っています。

餡は、若干粒が残る練りあんで重厚なテカリがある濃いめの餡です。


ii

バター風味の軽めの生地としっかりとした味わいの餡がおいしさを引き立てる、そんなお菓子でした。

元就がテーマのお菓子ですので、純粋な和菓子をイメージしていましたが、いい意味で期待を裏切られました。


毛利元就・陣太鼓詳細メモ

販売元旭堂
ご当地広島
お菓子の素材小豆(北海道産)・砂糖・小麦粉・水飴・バター・卵・牛乳など

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

the village with UA 千畳敷

千畳敷の気持ちの良い風に吹かれながら、心地良い音楽や食事を味わい過ごす素敵な時間をみんなでー

最近の投稿