トップページタイトル画像

鶴亀もなかザ・広島ブランド認定品、鶴と亀の文字の入った縁起物もなか-広島のお菓子処高木から

鶴亀もなかについて調べてみた

広島のお菓子処高木の「鶴亀もなか」です。

このもなかは、広島では大変馴染みのお菓子で、その歴史は古く「戦後の復興を目指す中、おめでたいお菓子を」といった願いが込められ、作られはじめたということです。

「鶴亀もなか」は以前から、小豆色のパッケージとうぐいす色のパッケージの2種類があったのですが、今回、お店を歩いていると新たに「桜色」のパッケージを発見。
「さくらもなか」という名前で仲間入りしていました。

鶴亀もなか試食してみた!

ii

見た目、外側は、非常にシンプルですが、材料には広島県産のもち米が使われています。

そのおかげか、もなか自体の香りがとてもよいのです。


ii

小豆色とうぐいす色のパッケージにはそれぞれ、備中大納言の粒あんと、抹茶あんが中に入っています。

餡は、程よく甘く、非常になめらかで上品な味わい。


ii

もなかは作りや材料もシンプルなので、これは素材の良さ、味がものをいいます。

いっぱう、さくらもなかのほうは、食べた瞬間「さくらもち」の風味がしました。

原材料には「桜葉、桜花」の記載が!餡も桜色をしており、たしかに桜の葉や花も入っている。これは見た目も楽しいです。


ii

ちなみに「高木の鶴亀もなか」も、広島の特産品で特に優れたものに認定される「ザ・広島ブランド」の一つです。


鶴亀もなか詳細メモ

販売元高木
ご当地広島
お菓子の種類もなか
お菓子の素材砂糖・白いんげん豆・水飴・糯米・抹茶・寒天など
その他情報ザ・広島ブランド認定品

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

the village with UA 千畳敷

千畳敷の気持ちの良い風に吹かれながら、心地良い音楽や食事を味わい過ごす素敵な時間をみんなでー

最近の投稿