トップページタイトル画像

東千田公園12月に紅葉する珍しい木を見てきました-東千田公園のメタセコイア並木-

東千田公園にまさかの12月の紅葉が

東千田公園は、広島大学本部跡地に整備された約3ヘクタールの公園です。
東千田公園の特徴は、広島大学の復興のため、世界各地から樹木や寄付金の進呈を受け作られたことです。そのためか、他の公園にないどこか日本離れしたような、そんな雰囲気があります。
北側は、広大な芝生広場になっており、側を広島の東西の大動脈、国道2号線が走ります。
東千田公園

東千田公園の駐車場はなし

東千田公園の専用の駐車場は整備されていません。
電車の電停も近いので、それを利用する手もありましたが、今回は隣にある「アーバス東千田」という駐車場を買い物込みで利用させてもらいました。テナントで買い物をすると2時間無料で駐車可能でした。
東千田公園
こちらは西側正門付近の様子。日赤病院と、電停、右側に見える樹木はたぶん「フェニックス」の木かな?
東千田公園

西側正門から続くメタセコイア並木

西側の正門から入ってみます。するとすぐにメタセコイアの並木道が約200メートルほど続いています。
紅葉がとっくに終わった11月下旬から12月中旬頃までこのように紅葉が楽しめます。東千田公園
12月も中旬だったので、今年はこれで見納めかな?そこそこ散っておりました。
東千田公園
メタセコイアの葉です。ヒノキや杉の仲間だそうですが、このように赤茶色に紅葉し落葉するという性質を持っています。
東千田公園
「寄付金によりカリフォルニア大学から移入された個体を母樹とした苗木を京都大学から移入」との銘板があります。
東千田公園
メタセコイア、原産地は中国四川省ということですが、1946年に発見されるまで絶滅したと考えられていたそうで、いわゆる生きた化石と呼ばれていた経緯がありました。
東千田公園
東千田公園
公園内には、このほかにも、キンモクセイやフェニックス、シマトリネコなどなど、様々な品種の樹木が寄贈されているということでした。
東千田公園

周囲の建造物とメタセコイア

おもしろいと思ったのが、この東千田公園のあるあたりは、巨大なマンションが林立する地域でもあります。背の高いマンションとすらっと長く伸びるメタセコイアの木がなかなかマッチしておりキレイな景観を作り出していました。
東千田公園
それから、こちらも「建築物とメタセコイア」広島大学の古い建物です。
東千田公園
広島大学旧理学部1号館です。建造は1931年とのこと、立派に歴史的建造物ですね。
しかし、その割に管理が今一つされていないような様子でした。
東千田公園
レンガ造りとメタセコイア、この組み合わせ、雰囲気的に嫌いではないです。
東千田公園

雨上がりのしっとりとした紅葉もなかなかよかった

訪問したときは雨上がりの曇り空でしたが、しっとりとした雰囲気のある「冬の紅葉」が楽しめました。
東千田公園
東千田公園
東千田公園は、木々の植栽や芝生広場などが主な特徴で遊具などは特に設置されていません。もし子供さん連れなら近くにはこんな公園もありますよ。

最後に、東千田公園のデータを紹介してみます。最後までご覧くださりありがとうございました。

東千田公園

東千田公園広島市中区東千田町1丁目1
駐車場なし
紅葉の時期メタセコイア並木 11月下旬から12月中旬くらいまで

東千田公園 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
読み込み中...
5 (未評価です。)0

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿