トップページタイトル画像

アレイからすこじま

国内で唯一、潜水艦を間近に見ることができる公園、時期によっては護衛艦の一般公開も。

国内で唯一潜水艦が間近に見られる公園

アレイからすこじまは広島県呉市にある、国内で唯一、潜水艦を間近に見ることができる公園です。
公園の名前は、明治初期に呉浦にあった烏小島(からすこじま)という小さな島の名前と英語の「小道」を掛け合わせたことに由来します。

もともと烏小島はカモメが羽を休める小さな岩場でしたが、明治22年に海軍工廠の建設が始まり、また、大正初期には魚雷の発射試験場として埋め立てられ陸続きとなりました。
以後は工業地帯へとその姿を変え、現在に至っています。

潜水艦を間近に見られる唯一の公園として昭和60年に整備が進み、旧海軍の本拠地であったことを伝えるエリアとなっており、周辺には旧海軍工廠など、レンガ造りの倉庫が建ちならんんで、レトロな雰囲気があります。

これらは現在でも海上自衛隊の教育訓練施設や民間会社の倉庫として使われています。
平成21年度には「旧呉鎮守府兵器部護岸及び関連施設」として土木学会選奨土木遺産に認定されました。



駐車場は海沿いの道から山側に上った先にあります

駐車場は公園から多少離れた場所にあります、海沿いの道を走っていると看板が出ているので、そこを山の手に向けて登ったところに広い駐車場が確保されています。
空き地のような駐車場なので特に駐車料金はかかりませんでした。

ii
ii

アレイからすこじま公園駐車場

所在地は「広島県呉市昭和町6−27」になります。

駐車場の付近は、呉海軍工廠の工員養成所の跡地だったらしく、記念碑が建立されています。

ii
ii

駐車場からは約300メートルほど、アレイからすこ島公園を散策してみよう

公園には詳しい案内板があるのでまずは確認して見ましょう。

ii

公園の道路を挟んだ向かいにあるレンガの建物は明治30年代前半に建てられたもので、水雷という兵器を製造していましたが、その後、呉海軍工廠電気部として電気関係の工場、空襲の被害にも遭いましたが、戦後民間会社の倉庫として使われました。

ii

案内板を見ていると呉工廠とひとことで言っても、様々な部門があったことが確認できます。この写真の工場群も、もともとは呉工廠だったことがわかります。

タイミングよく、潜水艦と護衛艦が停泊中、ここまで間近に見れるのは全国でもここだけだそうです。

ii
ii


以前使われていたクレーンもそのまま保存されている

これは、昔使われていたクレーンだそうです。今はモニュメントとしてそのまま残されています。

ii

もう少し詳しく見学したい方は・・・必見!!ガイドに載らないもう一つの見学ポイント

最後に戦艦が上から見下ろせる絶好のポイントをご紹介してみます。ガイドにもなかなか乗っていないので、時間がある方はぜひ行ってみてください。

駐車場からアレイからすこじま公園までは、徒歩で坂道を下ってくるのですが、坂道の右手は山になっており、注意してみると、そこから長ーい階段が続いるのに気づかれると思います。

ii
階段を登り切った先には、かつて「工廠神社」という神社があったということですが、そこまでの道中、木々の間からは、アレイからすこじま一帯が見下ろせる絶好のポイントになっています。
ii
場所はこんな感じです、駐車場の北側にある山がそうです。

途中には地下壕のような遺跡がいくつかあり、木々の間を抜けていくと・・・

ii
ii
海際の公園と違ってこのポイントからは船艇全体を見渡すことができます。
ii
こうしてみると艦艇の大きさがよくわかります
ii
ii
この近くには「大和ミュージアム」や「てつのくじら館」がなど、有名なスポットも多いので、合わせて立ち寄ってもいいかもしれませんね。

アレイからすこじま 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
Loading...
5 (未評価です。)0

おとりときリストをつくろう

FavoriteLoadingおとりおきリストに登録する

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

週間アクセスランキング
12/04~12/10