トップページタイトル画像

木部谷間歇泉噴水のようにお湯が吹き出てくる源泉は国内でも珍しく、一見の価値あり。茶褐色のキキメのありそうな温泉がまたいい!

「木部谷間歇泉」は島根県の西部、柿木村に位置し、約20分周期で、天然の炭酸ガスの圧力で湯を周期的に噴出するという国内でも非常に珍しい「間歇泉」です。
噴き出る湯は、毎分400リットルもあり、空気に触れると次第に茶褐色に変色します、もちろん含有成分も豊富で、源泉のふもとには、噴出した泉水を用いた湯が自慢の温泉旅館も併設されています。
茶褐色のお湯からも想像できるよう、温泉としての効能も高く、神経痛、リウマチ、関節痛、筋肉痛と様々な症状に効果があるとされています。

BGM:フリー音楽素材 H/MIX GALLERY 様 ありがとうございます!

温泉旅館の先にあるという間歇泉を目指します

ii
ii

間欠泉の源泉のあるふもとに、温泉旅館「松の湯」があり、向かって左手に山道へと続く小道があります。この先に間歇泉のある源泉があるとのことで、早速歩いていきます。

木部谷は古くから温泉地として使われてきたんだって

ii
ii

道の途中に古い鉄風呂が展示されていました。この鉄風呂は、昭和21年から昭和45年まで実際に使われていたものだそうです。
木部谷では古くから裏山の湧水を温泉として利用していましたが、1970年に深さ80メートルまでボーリングしたところ間歇泉が出現しました。

茶褐色の泉水が印象的な木部谷の源泉地

ii
ii

源泉にやってきました。茶褐色の池が広がり、さらに一段上に、間歇泉の吹き出し口かとおもわれる場所があります。
水が茶褐色なのは、鉄分が多く含まれているからだそうです。

間歇泉の噴出をのんびりと待つこと20分

ii
ii

待つこと約20分、源泉のまわりから、気のせいかボコボコ音がしてきたかと思うと、泉水が吹き出してきました。
だんだんと噴水が高くなり、1メートル少しの高さまで噴出しました。噴出は約5分間続きますが、最大時には毎分400リットルの泉水が噴出するそうです。ということは5分間で2000リットルあまりにもなるということでしょうか、これだけの湯量があれば、ふもとの温泉はもちろん源泉かけ流しというわけですね。
(水温は20度前後のため、入浴客が適時ボイラーのバルブを開け加温します。泉水は蛇口をひねればいくらでも出てきました。)

間欠泉を見学した後は、温泉につかってのんびりと

ii
ii

温泉設備のある旅館「松の湯」はアットホームなとても雰囲気のよい旅館です。そのためリピーターの方が大変多く、特にお食事には力を入れられており、地元の食材をふんだんに使った郷土料理が楽しめます。このお食事を楽しみに訪れる方も多いのだとか。
もちろん日帰り入浴もでき、間歇泉から湧き出したあの茶褐色のお湯を存分に楽しめます。

お湯は見た感じどろっぽいですが、意外とさらさらしています。香りは、鉄分が多く含まれているせいか、鉄のさびたようなにおいというか、鉱泉独特の効き目のありそうな湯です。

また、この温泉の加温方法は珍しく、ボイラーの蒸気を直接湯船内の湯にあてているのだそうです。理由はこのお湯をボイラーに通し沸かすと温泉の成分で部品がすぐにダメになってしまうからとの理由らしいです。

一般的な温泉とはひと味違っためずらしい温泉「松の湯」もあわせて「木部谷間歇泉」のご紹介でした。

木部谷間歇泉 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
Loading...
5
3ポイント
(1票中)

木部谷間歇泉の詳しい情報はこちらからどうぞ

住所

島根県鹿足郡吉賀町柿木村木部谷530

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿