トップページタイトル画像

大星山間近に見る風力発電の風車の迫力と、黄金色に輝く瀬戸内海に浮かぶ島々との絶妙なバランスがとても美しい。

今回はちょっとマイナーな景勝地、大星山をご紹介します。

大星山は、山口県の南東部にあり、山頂には 「瀬戸内のエーゲ海」とも称される南瀬戸内海を一望できる展望台があります。

晴れた日には、九州の国東半島や四国も見ることができるんだとか。

また、風力発電所の白い風車やユニークなすべり台などもあり、山口県柳井市から「室津半島スカイライン」という道が通っていますので、ドライブコースとしても楽しめる場所です。

大星山の所在地と柳井市からの所要時間について

大星山

住所山口県熊毛郡平生町伊保庄福井 平生町佐賀

柳井市から大星山へは、車でおよそ3~40分程かかりました。山頂まで続く「室津半島スカイライン」は尾根づたいに走る山間道路です。

ようやく大星山山頂に近づいてきました。遠くからでもよく目立つ巨大な風力発電の風車が見えてきます。

この発電施設の風車は、高さ約100メートル、プロペラの直径は約70メートルもあり、年間の発電量は、なんと1200世帯分の電力を賄える発電をしてるんだそうです。

山頂の駐車スペース、車を降りるとすぐにこんな景色が広がっているんです!

標高は483メートル

つまり目の前に広がる海は400メートル程下にある景色を見下ろしている形になります。

ですので本当に遠くの島々まで見渡すことができ、これがとても絶景なんです。

展望台からの景色も見てみよう

山頂には2階建ての展望台があります、そこから南方向へは視界をさえぎるものナシ!

ちなみに、標高は結構あるのですが、駐車場から展望台へはすぐなので、山道を登ったりとかはありません。

目の前には祝島、遠くには大分県も見えるぞ

案内によると、目の前には祝島があります、霞がかかっていた夕暮れ時でしたが、確かに祝島がはっきりとよく見えていました。

大分県の国東半島も案内に書かれていましたので、よーく見てみると・・・なんとなく影のようになっているのがそうかもしれません。

珍しい?すべり台付き展望台!

実はこの展望台、上るときは階段ですが、降りるときは、すべり台がついているので、そのまま滑って降りることができます。

展望台と遊具を兼ねたユニークな作りですね。

夕日スポットとしても人気!海が黄金色に輝く

やがて太陽が沈むころ、霞もだんだん晴れてきました、海に浮かぶ島が黄金色に輝き、とてもきれいでした。まるですいこまれそうなほどの絶景です。

場所的には決して行きやすい場所ではありませんが、頂上から見る景色や瀬戸内海に沈む夕日を狙って、写真の愛好家の方たちの間では、有名な撮影スポットになっているらしいです。

ここは行ってよかったです。間近に見る風力発電の風車の大きさと、光のように輝く瀬戸内海の風景をしばらく楽しみ、大星山を後にしました。

柳井市周辺の観光地

大星山と組み合わせていくなら周辺にこんな観光地もあります。

柳井と言えば、白壁の街が有名、こちらは江戸時代から続く有名な「甘露醤油」の仕込み蔵です。

花をテーマにしたテーマパーク「やまぐちフラワーランド」も柳井市にあります。

家族連れなら大型遊具もある柳井ウェルネスパークもおススメ!

大星山のある室津半島をさらに南下すると、古く海上交通の要衝として栄えた上関町があります。

大星山 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
読み込み中...
5
5ポイント
(3票中)

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿