トップページタイトル画像

大井谷棚田

大井谷棚田の始まりは、古文書「吉賀記」によると今から600年前もの昔に開拓されてきたそうです。
棚田はこの長い年月をかけ、何度も積みなおしや補修をすることで現在の姿になり、その田んぼの枚数は630枚と言われます。
この棚田の最盛期は江戸時代で、17ヘクタールで約1000枚以上もの田んぼが作られたと伝えられています。
棚田周辺の道には、春に桜や菜の花、秋には黄金色の稲穂が揺れる、季節ごとの移ろいもまた美しく、日本の棚田100選にも選定されています。

大井谷棚田 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
読み込み中...
5 (未評価です。)0

大井谷棚田の詳しい情報はこちらからどうぞ

住所 島根県鹿足郡吉賀町柿木村白谷(大井谷地区)
この記事を書いた人
ひろちゃん
いつもご覧いただきありがとうございます!

2児の父、独身時代にあっては大のドライブ好き。中国地方の国道は走ったことのない道はないという噂も… ここ最近は子供のために、新たな「おでかけスポット」の開拓に励んでいる。

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

the village with UA 千畳敷

千畳敷の気持ちの良い風に吹かれながら、心地良い音楽や食事を味わい過ごす素敵な時間をみんなでー

最近の投稿