トップページタイトル画像

筆の里工房

筆の里工房ってこんなところ

広島県安芸郡にある熊野町は全国有数の筆の産地です。その歴史は180年を有し伝統工芸品である「熊野筆」は全国生産の80%を占めています。
「筆の里工房」はそんな熊野町の筆の文化を広く紹介する筆の博物館です。

筆の里工房 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
Loading...
5 (未評価です。)0

サイト内アクセスランキング

総合順位 : 128 位
前週比 : 変動なし

おとりときリストをつくろう

FavoriteLoadingおとりおきリストに登録する

筆の里工房の写真レポートをどうぞ

ii ii

広島に住んでいながら、なかなか縁のなかった「筆の里工房」広島市内から40~50分程度で到着。
近代的で立派な建物が目を引きます。


ii ii

主な展示室は入り口から階段を下りたフロアにあります。
これは館内でも最も目を引く長さ3.7メートル重さ400キロもある巨大な筆です。
筆の毛には200頭分もの馬の毛が使われているのだそうです。


ii ii ii ii

館内を見てると筆ってこんなにいろいろな種類があるんだなと改めて気づかされます。
これの展示は「工芸筆」です、熊野筆自体が伝統工芸品と言われますが、この筆があってたくさんの素敵な工芸品が生み出されているんですね。


ii ii

これは画筆、作品や画材の種類によって筆も使い分けられます。


ii ii ii ii

こちらは化粧筆、最近は贈り物としても化粧筆は人気ですね。


ii ii

絵手紙の道具と色鮮やかな顔彩


ii ii

ネイルアートの道具やトールペインティングの道具なんてのもありました。


ii ii

これは「演劇16面化粧」というもの。演劇では、喜怒哀楽や年齢を化粧を用いてリアルに演じるのだそうです。


ii ii

最後にミュージアムショップに訪れました。
主力商品はやっぱり熊野筆!今まで見たこともないような無数の筆が展示販売されていました。

筆の里工房では定期的に企画展示も行われており、実は今回訪れたのも、企画展目当てでした。
企画展は以前は堅めの内容が多かったようですが、最近は例えば絵本作家の原画展など、気軽に楽しめる内容も増えてきているようです。
公式ホームページでは随時企画展の情報が更新されていると思いますので、興味のある方はぜひご覧になってくださいね。


筆の里工房の詳しい情報はこちらからどうぞ

住所

広島県安芸郡熊野町中溝5-17-1

営業時間など

開館時間:10:00〜17:00
(入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始
※その他臨時休館あり

利用料金など

大人 600円
小中高生 250円
幼児 無料
※展示内容によって変更あり

駐車場について

84台分無料

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

週間アクセスランキング
12/09~12/16