トップページタイトル画像

妹背の滝

夏休み定番水遊びスポット!鳥居をくぐった先には、暑さも忘れる「落差数十メートルの滝」が。夏は川遊び、秋には紅葉と、自然の涼を感じられる場所。

妹背の滝で自然の中の水遊びを楽しもう

「妹背の滝」は広島の近郊にありながら、自然の中で水遊びのできる数少ない場所です。
滝の入り口に位置する、大頭(おおがしら)神社から川に沿って遊歩道を進んでいくと、落差約50mの雌滝(めんだき)とさらにその奥に、落差約30mの雄滝(おんだき)の2種類の豪快な滝が現れます。



大頭神社の鳥居をくぐり妹背の滝に向かう

大頭神社入口の鳥居です。傍に「名勝 妹背の滝」との石碑があります。

雌雄滝 大野村に在り
雄は6丈3尺
その水壮なり
雌は廿七丈余にて
長けれども艶なり
奇観幽賞 近方類まれなり
芸藩通志より

芸藩通志とは、江戸時代以前の安芸国広島藩の地理や文化についてまとめられた史料ということで、古来より名の知れた滝であることが間違いなさそうです。

大頭神社の境内

鳥居からしばらく道なりに進んでいくと立派な境内が姿を現します。



高低落差50メートルの雌滝

雌滝のすぐ下にも川が流れていて、こちらでも川遊びをする子供たちの姿がありました。川の流れは雄滝の付近よりもおだやかに見えました。

朱色の幾千代橋を渡ると雄滝の音が聞こえてきます

この辺からは木陰になっているおかげか、真夏でも涼しく感じられます。
橋を渡ると妹背の滝の雄滝方向、左に曲がると展望台に上ることができます。

夏休みシーズンにはこの写真の開けている部分がレジャーシートでいっぱいになり水遊びの家族連れでにぎわいます。



 高低落差30メートルの妹背の滝(雄滝)

雄滝は落ちてくる水量も多く、周囲は絶えず水しぶきが上がっているような状態です。
真夏でも水温は低いので、冷えすぎ注意かもしれません。

シーズン中はこんな感じで水遊びスポットとしてにぎわいます。

滝のすぐ下は滝つぼになっており、深いので注意が必要です。

妹背の滝の展望台に上がってみた

せっかくなので、来た道を引き返し、展望台に上がってみることにしました。遊歩道はハイキングコースとして整備されており、秋や春には紅葉や新緑スポットとしても楽しめるんだそうです。

朱色の幾千代橋を左側に進むと展望台があります。細い道はやがて階段に変わり随分上まで登ってきました。

展望台からの眺めです、ずいぶん遠くに雄滝が見れます。木々が生い茂っているので眺望はあたり一面というわけにはいきませんが、紅葉の時期はきれいかもしれませんね。
妹背の滝の上流には「いもせ遊園地」という、そうめん流しや釣り堀(ニジマス)などができる場所があります。釣り堀は道具は一式貸し出しがありますので気軽にチャレンジすることができます。
そうめん流しも夏休みには定番ですね。冷たい井戸水を使っているそうです。
いもせ遊園地
住所 広島県廿日市市大野町字滝山
営業時間 10:30~11:00
定休・休業日 雨天
料金など 釣り堀 竿 100円
釣った魚は要買取
魚の大きさで350円~1000円
そうめん流し 500円

妹背の滝の場所とアクセスについて

住所(所在地) 廿日市市大野滝山

住所は廿日市市になりますが、旧大野町ということで、廿日市市役所などがある市の中心地からだいぶ西側に位置します。高速道路(山陽自動車道)の大野インターチェンジから妹背の滝までの距離は数百メートルですので、高速道路を利用する方法もありますね。

妹背の滝 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
Loading...
5
4.25ポイント
(8票中)

おとりときリストをつくろう

FavoriteLoadingおとりおきリストに登録する

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

妹背の滝にお寄せいただいたコメントです

  1. 匿名 より:

    大頭(おおがしら)神社ですよ。

週間アクセスランキング
01/11~01/18