トップページタイトル画像

カキツバタの里

広島芸北、八幡高原に真紫のカキツバタが広がる光景を見に行こう、5月下旬から6月上旬が見頃

カキツバタの里ってこんなところ

広島県北広島町の八幡湿原、ここは日本でも有数の湿原とされており、湿原の南限地でもあります。かきつばたの自生している場所も広島県内ではここだけです。
かきつばたの里は、約1.7ヘクタールの休耕田におよそ20万本もの花が咲き、5月の下旬からは、目の覚めるような真紫の花が畑一面に広がります。
毎年6月には、かきつばた祭りが開かれ、生花や苗の販売なども行われます。

カキツバタの里 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
Loading...
5 (未評価です。)0

サイト内アクセスランキング

総合順位 : 87 位
前週比 : 先週からプラス4 順位をあげました

おとりときリストをつくろう

FavoriteLoadingおとりおきリストに登録する

カキツバタの里の写真レポートをどうぞ

ii ii ii ii

季節は梅雨入りするころですが、八幡高原は高地にあるため、さわやかな風が吹き抜け、やさしくかきつばたを揺らしています。


カキツバタ以外にも見どころがたくさん

ii ii

近くにある「高原の自然館」では、かきつばたの里以外にも八幡湿原についての資料があるので、トレッキングもされる方は尋ねられてみるのもよいでしょう。
また、自然館のとなりにはレストラン「かりお茶屋」があり、ここのそばは絶品です。付近にはレストランは少ないため、シーズン中は売り切れ御免となっていることも多いです。
ところで、6月は各地で菖蒲やかきつばた、アジサイなどの花が見ごろを迎えます。当サイトでも広島県の6月の花の見どころを紹介していますのでぜひご覧ください。


カキツバタの里の詳しい情報はこちらからどうぞ

住所

広島県山県郡北広島町 東八幡原

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

週間アクセスランキング
09/14~09/21