トップページタイトル画像

唐音水仙公園

島根県の益田市にある「唐音水仙公園」で日本海の青空をバックに広がるニホンスイセンの絶景を堪能してきました

唐音水仙公園は、島根県益田市にあり、日本海をバックに200万球を超える日本水仙が咲き乱れるという絶景スポットです。
公園のある「鎌手地区」には、もともと日本水仙が自生しており、それを地元の方々がちょっとずつ増やしていかれたとのことで、海岸に打ち付ける青々とした日本海の波しぶきとともに、どこまでも続くかのような日本水仙がひろがるという光景はここでしか見られないまさに絶景です。
なお水仙公園に、隣接して「唐音の蛇岩」(からおとのじゃがん)という岩石でできた海岸が続いており、その景観は、あたかも大蛇がうねっているように見えるため、蛇岩といわれるようになりました。昭和11年に国指定の天然記念物に指定されているという大変珍しいものです。

気になる水仙の開花はいつ頃?水仙の品種は何?

ii
ii

現地の案内板によると開花時期は12月から2月、比較的長い期間楽しめるのも水仙の魅力です。
今回は1月20日に訪れました、やや枯れている花もあるのですが、つぼみもまだまだあり、次々と花を咲かせていくのだそうです。
水仙の品種は「ニホンスイセン」という品種で、ここ益田市の花でもあります。
訪れる際には歩きやすい靴がよいでしょう、駐車場からは写真のような急な下り坂を降りていきます。



日本海の青い海と黄色い水仙が広がる光景が素晴らしい

ii

駐車場から坂道を下っていくとやがて広大な丘が見えてきます、その先には日本海が見えます。
周囲には水仙のさわやかな香りが漂います。
ここの水仙はなんと200万球以上植えられており、しかも毎年10アールずつ増植しているんですって!

ii

斜面いっぱいに広がる水仙の丘

ii
ii


すぐ隣接して国指定の天然記念物もあり「唐音の蛇岩」

ii
ii

水仙の丘から歩いてすぐ隣には、唐音の蛇岩という非常に貴重な地形を見ることができます。
まるで大蛇がのたうっているように幅約1メートルの岩脈が300メートル以上貫いているというもので、約3000年前の地層のものだそうです。

ii

途中までは舗装されているのですが、そこから先は自然の岩石となっており足元が悪いので見学の際は注意して進んでみてくださいね。
運がよければ蛇岩を見ることができるかもしれません。
私の素人目にはどの岩も同じに見えて区別がつきませんでしたが、ともあれ景色はきれいな場所なので、水仙を見終わった後は是非見学してみてください。

唐音水仙公園 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
Loading...
5
5ポイント
(3票中)

おとりときリストをつくろう

FavoriteLoadingおとりおきリストに登録する

唐音水仙公園の詳しい情報はこちらからどうぞ

住所

島根県益田市西平原町1598

営業時間など

水仙の見ごろは11月~2月頃(気候により大きく変動します)

駐車場について

普通車:数台可 公園に続く道は細く離合困難なので注意

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

週間アクセスランキング
12/04~12/10