トップページタイトル画像

縮景園宮島、平和記念公園、広島城に続き、縮景園は広島の観光には外せない国の名勝だ

縮景園(しゅっけいえん)は、広島県広島市中区にある庭園で、広島藩主、浅野長晟が、1620年から別邸の庭園として築いたものです。作庭は、茶人として知られる家老の上田宗箇によって手がけられました。
園の名前の由来は「幾多の景勝をあつめ縮めて表現(縮景園)」したという意味からですが、中国杭州の景勝地「西湖」を模して造られたとも伝えられています。
1940年に国の名勝に指定、広島県内でも有数の梅、桜の名所として有名です。

ii
ii

名勝縮景園。それではさっそく門をくぐってみます。

ii
ii

入口正面には「清風館」という建物があります。清風館は、江戸時代において、縮景園内の藩主の休憩所であったそうです。書院造の名残を一部にとどめる本格的な数寄屋建築です。

ii

縮景園中央には、濯纓池「たくえいち」という池があり、花崗岩でできた橋がかかっています。縮景園を象徴する橋で、パンプレットなどでよく見る風景です。

ii
ii

園内奥にある「明月亭」という茶室、先ほどの清風館と異なり、こちらは周囲に木立が並び、静かな雰囲気です。

ii
ii

四季折々の花を楽しむのもよいでしょう、訪れた時は、梅の花が見ごろでした。

ii
ii

園内には、17種、110本の梅が植栽されていて、1月中旬から2月下旬が最盛期だとのことです。

縮景園 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
読み込み中...
5
4.5ポイント
(2票中)

縮景園の詳しい情報はこちらからどうぞ

住所広島市中区上幟町2-11
営業時間など【開園時間】
4月1日 〜 9月30日
9:00 〜 18:00 (入園は17:30まで)
10月1日 〜 3月31日
9:00 〜 17:00 (入園は16:30まで)
【休園日】
12月29日 〜 12月31日
利用料金など一般 260円
高・大学生 150円
小・中学生 100円

美術館の観覧がセットになったチケットもあります
一 般 610円
高・大学生 350円
駐車場について1時間まで360円
以降30分毎に180円

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

最近の投稿