トップページタイトル画像

筒賀の大銀杏

紅葉の時期がオススメ、キレイに紅葉した葉っぱが一面を覆いつくす光景がまるで別世界

筒賀の大銀杏ってこんなところ

筒賀の大銀杏は広島県の天然記念物にも指定されている、樹齢が推定1,100年を超えるという巨木で、根元の周囲は10.6メートル、木の高さ自体も約48メートルもあります。

銀杏は「筒賀大歳神社」の境内にあるのですが、木のてっぺんは、神社の屋根を見上げるよりはるか上にあり、下からはその様子さえ見えないほど。

そんな筒賀の大イチョウですが、きれいに色づく11月中旬ころの光景はまた格別で、黄色いイチョウの葉が一面を覆いつくします。

BGM:さんこん 様 ありがとうございます!

筒賀の大銀杏 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
Loading...
5
3ポイント
(2票中)

サイト内アクセスランキング

総合順位 : 65 位
前週比 : 変動なし

おとりときリストをつくろう

FavoriteLoadingおとりおきリストに登録する

筒賀の大銀杏の写真レポートをどうぞ

ii ii

訪れたのは11月3日でしたので葉っぱが黄色に染まる少し手前でしたが、紅葉シーズンも始まるころで、随分と観光客の方でにぎわっていました。


ii ii

銀杏の木の奥にあるのが「大歳神社」
銀杏の落ち葉は、その散る時期で冬の寒暖や、雪の多少を知ることができるといわれているとか。

また、銀杏の木と言えば、ギンナンの実を思いつくことでしょう。
銀杏は実をつけるまでに長い年月がかかるらしく「祖父が銀杏の木を植えても、実がなるのは孫の代だ」ともいわれ、銀杏のことを別名で「公孫樹」(コウソンジュ・公は祖父の敬称)とも言うそうです。


ii ii

高さは46メートルもあるので、神社の境内からは写真にすべて収まりきりません。

随分と遠ざかった1枚、秋の空の色と黄色のイチョウの葉のコントラストが素晴らしく美しいです。


ii ii

今回見れなかった黄金色の絨毯の写真を提供いただきました。この大きさの銀杏の木だからこそ、ここまで紅葉の葉で埋め尽くされるのでしょうね。

また、詳細は確認できませんでしたが、夜間のライトアップもされているようです。紅葉というと、もみじの赤い色と思われがちですが「黄色く染まった紅葉」もなかなかのものですね。


筒賀の大銀杏の詳しい情報はこちらからどうぞ

住所

広島県山県郡安芸太田町上筒賀本郷

営業時間など

黄色い葉がきれいに染まるのは11月中旬ころ

駐車場について

20台

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

週間アクセスランキング
12/08~12/15