トップページタイトル画像

ドアの安全対策もう心配とはおさらば!子供のドアの指はさみを防止するたった2つの方法とは?

ドアって思いのほか危険じゃないですか?

ドアの周辺って、ちょうど立って動きはじめる年齢の子どもにとっては、室内でも危険度の高い場所となります。

事実、国内では年間100件の指はさみによる切断事故が起きているそうです。

包帯を巻いた指のイラストこのドアだけは、指をはさんだりして、いつかはケガをしないだろうかと思うと・・・もうヒヤヒヤものでした。

指をはさみそうなドア

ワタシ

これはぜったい大ケガしちゃうやつね。なんとかしなくちゃ・・・

ドアの指はさみへの対策方法は、ネットでもいろいろ紹介されていて、私もドアに市販のカバーを取り付けたり、自作カバーを作ってみたり、いくつかの方法を試してみたのですが・・・

これから紹介する「たった2つの対策」で子供がドアに近づいても心配がなくなりました

パパ

ドアへの指はさみが「何となく不安だな」って思われる方は、ぜひ試していただければと思います。

先に結論なんですが、私のとった対策は次の2つです。

多くの幼稚園・保育園で導入実績あり

  • 「はさマンモス」でドアの閉まるところをカバーする

▲▲▲「はさマンモス」国産のドア指はさみ防止グッズです!国内特許取得済み!

対策その1-ドアのヒンジ部にカバーをする

私は子どもが3歳を過ぎたころドアの安全対策を始めたのですが、やっぱり2~3歳くらいからは部屋のいろんなところを動き回る年齢ですし、親が大丈夫だろうと思っていても何をするかわからないものです。

で、特に危ないのがこの写真のような「ドアのヒンジ側」開閉部。

取っ手側も危険なことには変わりませんが「ヒンジ側」はさらに危険度が高いですよね。

ドアのヒンジ部分

ワタシ

やっぱりこの隙間が気になるのよね・・・

そこで、ドアのヒンジ側の隙間も完全にカバーする方法で対策をとることにしました。

実は、はさマンモスを設置する前に、市販品のドアカバーをいろいろ探したりしました、なかには完成度が高く、特許を取っていたり、海外でも使用例があるような製品もあったのですが、少々残念な商品があるのも事実。

パパ

そうだな、隙間にカバーをつけといたほうがいいな。いろんな製品があるけど・・・どれがいいんだ?

色々調べた結果、おススメできる商品をいくつかご紹介してみたいと思います。

①ドアの指はさみ防止カバーの決定版!「はさマンモス

¥2,500から (2020/10/07 23:18:57時点 公式サイト調べ-

最初は自作のカバーを作ったりしてたのですが「いい製品があるよ」と友人に教えてもらい、実際に使ってみて一番おススメできるのがこの「はさマンモス」です。

トモダチ

あー、ウチも気になってた。はさマンモスっていう いいのがあるのよ

コレを一番開閉頻度の高い「リビングのドア」に取り付けたんですが、冒頭で触れましたドアクローザーとの併用で子供の指はさみを気にすることはほぼなくなりました。

はさマンモスの写真

ちなみにこの「はさマンモス」は、特許も取得している国産品で、指はさみ防止グッズとしては定評のある製品です。

2020年には、新たにやわらかい素材を使った「はさマンモス・ソフト」も開発され、多くの保育園・幼稚園において導入実績を伸ばしています。

商品サイズは2パターン しかもドアの両面に対応で鉄壁の安全対策に

このはさマンモス、私が一番優れていると感じているところは、135センチのカバーと180センチのカバーと2サイズ展開していて、さらに、ドアの表側と裏側、両方をカバーできるよう商品のバリエーションがあることです。

はさマンモスの裏表の写真

※裏側は切って蝶つがいの部分を避けるようにして貼り付けます。

180センチっていうと、たいていのドアは縦方向いっぱいにカバーができて、しかも、上図のように裏と表もガードできるという・・・まさに鉄壁の守りとなります。

パパ

このカバー180センチもあるなんて・・・こりゃー完璧だな!

この「ドアの裏側」って親のほうから見ると、死角になってしまい、子供の動きが見えにくい場所なんですが「ちょっと目を離した隙に・・・」なんてことがあるかもしれません。

ワタシ

ねえねえ、ドアの裏側にも取り付けておかない?

そういう心配があって、私は両面カバーをチョイスしたのですが、これは正解、やはりドアの裏側にもカバーがあれば、安心感は段違いです。

長さ調整はハサミでカンタンに

取り付けも最初からついている両面テープをドアの柱部分に貼り付けていくだけなので、10分少々で取り付けることができました。

はさマンモスをカットする

もしもドアの高さに合わせ微調整が必要になった際も、ハサミで簡単にカットできる素材(PET樹脂)でできているため、ちょっとした工作程度で設置できちゃいます。

一番安心感があった「はさマンモス」

  • 賃貸でも持ち家でも使用できる
  • サイズは135cmと180cm
  • ドアの両面に対応し、ヒンジ側もカバーすることができる
  • 家庭用のハサミで簡単にカットでき取り付けもカンタン

ドアへの指はさみ防止グッズ【はさマンモス】1,700円から。 ドアの両面に対応しているうえ、さすがにこの180センチという長さがあれば、ヒンジ部分への指はさみ事故を完全に防ぐことができるはずです。

通常使用の耐用年数は5年、半透明で美観も損なわないというドアの指はさみ対策に間違いのない商品です。

価格的に家じゅうすべてのドアに設置するには費用がかさみますが、せめて一番開閉頻度の高いリビングのドアなどは、こういった確実な商品で、しっかり対策を立てておきたいところです。

購入は公式サイトが絶対おトク

【はさマンモス】を導入されるなら、公式サイトからの購入がとってもお得です。

ネットで注文をする以上「失敗したらどうしようか」 と悩むのは無理もありませんが、公式サイトからの購入なら「使用後であっても満足がいかなかった場合は返金対応してくれる」のです。

私はこれが決め手で安心して注文したのですが、その他にもいくつかの特典があるようなので、まとめておきますね。

公式サイト購入の特典

  • 製品に満足がいかなかった場合の返金対応(使用後でも可)
  • 15,000円以上の注文で、表用180cmをプレゼントされる
  • SNS投稿で、表裏セット180cmをプレゼントされる(条件あり)

複数枚購入される方は、かなりお得になりますね。実際購入したときの対応も迅速で満足のいくものでした。

②お手軽に設置するならamazonでも一番売れているコレ!「ゆびストップ」

created by Rinker
¥1,420 (2020/11/27 21:48:19時点 Amazon調べ-詳細)

「ゆびストップ」とりあえず、指をはさみそうな部分をピンポイントでおおってくれる商品がこれです。

価格もそこまでしませんので、まとめ買いをして複数のドアに取り付けるのに向いているかもしれません。

しかし、ジャバラ部分が割れてくる、はがれやすいなどのクチコミもありました。また、全長は1本につき44cmしかないので、カバーできるのはドアの一部分のみです。

それでも価格の面から言えば「とりあえずの対策」としての導入もアリです。

③世界中の幼稚園や学校で使われているという信頼の商品なら・・「フィンガーアラート」

このフィンガーアラートは、完全に隙間をカバーできる反面、それなりのお値段の商品なので、複数枚のドアに設置するのには費用がかさむかもしれません。

しかし、世界中で使われているらしい信頼度の高い製品(オランダ製)ということと、見た目もすっきりしているため、検討する価値はあると思います。

我が家でも検討の末、ほぼ購入する予定だったのですが、製品の写真を見る限り、素材感が「必要以上に頑丈そう」なのと、ドアの面に(たぶん超強力な両面テープで)貼り付けるようになっていて、ドア枠やドア自体も痛めてしまいそうで導入は見送りました。

フィンガーアラートは、とにかく頑丈で一度設置したら取り外したりする予定のないご家庭では、有効な対策となるはずです。

対策その2-家庭用ドアクローザー

「ドアクローザー」で「ゆっくり閉まるドア」にする

はさマンモスをはじめとした、ドアの開閉部分にカバーをする製品と合わせてこれを設置するとさらに子どもの指はさみ対策は完ぺきになります。

ドアクローザーを取り付けると、いくら室内に風が吹き込もうとも一定の速度でゆっくりとドアが閉まるので、よほどのことがない限り、隙間に指を挟むことを気にしないで済みます。

ケガをしてからではホントに取り返しがつきませんので完璧を求める方はぜひ設置してみてください。私はリビングと玄関ホールのドアに取り付けました。

もちろん、ドアが取り付けられているヒンジ側だけでなく取っ手側の安全も確保できます。

パパ

カイシャのドアを見て思いついたんだ。コレ安全対策につかえるじゃん!

おすすめはリョービの「ドアマン」

ドアクローザーにも様々なメーカーから販売されていますが、使ってみてその機能性や耐久性に満足できるのは建材メーカーとして有名なリョービの製品です。

取り付けも説明書をよく読めばそこまで難しくないし、なによりドアがゆっくり閉まるというのはそれだけで「指はさみ防止」となると感じています。

実際に設置してみると、ドアクローザーがあれば、ドアへの指はさみ事故の危険性も格段に下がるのを実感していただけるはずです。

ちなみに、型番はS-101PとS-101PVとがあります。S-101PVのほうが若干高いですが、開閉力調整機能がついていますのでこちらがおススメです。

また、意外な気付きですが「リョービドアマン」は、ドアの開け放しも防げるので、エアコンを使用する季節には省エネにも一役買っているという優れものなんですよ。

指はさみに効果的なドアクローザー

時間と手間がかかっても自作する方法

最後に、私がドアクローザーやはさマンモスを導入する前に試してみた「自作の指はさみ防止装置」の作り方を紹介してみます。

正直手間がかかるうえ、先ほどのような市販品のクオリティーはないのですが、ホームセンターや百円ショップでも手に入る「プラダン」でそれらに似たものは作ることができます。

ちなみにですよ・・・材料費と工作する手間のことを考えたら、市販品を買ったほうが良かったというのは経験済みなので、どうしても自作にこだわる方は参考にしてみてください。

メインの素材で用いる「プラダン」とは、プラスチック素材でできた段ボールと思っていただけるとそれに近いと思います。

横方向には簡単に、きれいに直線で曲がるけれど、縦方向は、中が空洞になっていて、曲がりにくいという性質を持っています。

しかもプラスチック製なので紙の段ボールより格段に耐久性があること、カッターで簡単に加工できる、さらに先も述べた通り入手が簡単で、しかも安価な素材だという利点があります。

こんなふうにしてみました

プラダンを用いた自作の「ドア指はさみ防止カバー」、私が設置した方法をご紹介します。
1、準備するもの

  • プラダン(白)
  • 40センチ程度のものさし
  • 両面テープ(1.5センチ幅を使用)
  • カッターナイフ

指はさみ防止装置の自作道具

このように完成させる予定です

先に完成時の写真をご覧ください。このようにドアのヒンジ部分の隙間を覆うようにプラダンを取り付けます。

指はさみ防止装置完成写真

図にしてみるとこんなイメージです

指はさみ防止装置図説

ドアをいっぱいに開きプラダンの切り出し幅を決める

いきなりプラダンを貼り付けていくことは無理なので、最初は少し小さめにプラダンをカットして、横幅の切り出しサイズを決め、施工イメージをつかみます。

セロハンテープで小さめにカットしたプラダンを貼り付け、ドアを開閉してサイズをはかってください。私のうちのドアは、最大に開いた状態で10.7センチの幅がジャストサイズでした。

各ご家庭で、ドアの設置具合は異なると思いますので、形状に合わせて貼り付け位置を調整してみてください。

指はさみ防止装置作成過程

ポイントは、ドアを最大に開いた状態で、プラダンがピンと伸びきっている横幅にすることです。

ここが長すぎたりたるんだりしていると失敗してしまいます。

プラダンを切り出していこう

プラダンは中に筋状のラインが入っているので、極端な話、それに沿って切っていけば、定規や鉛筆などでしるしをしなくてもきれいにカットできます。

今回は、先の計測から、横10.7センチ縦110センチにカットしました。

指はさみ防止装置自作素材の切り出し

両面テープの貼り付け

ドア部分と柱部分に両面テープをしっかりと貼り付けていきます(この時点ではまだ剥離紙をはがしません)

指はさみ防止装置両面テープの貼り付け

プラダンの貼り付け、折り込み

ここからが仕上がりを左右する工程、切り出したプラダンを貼り付けていきます、まず柱側の両面テープの剥離紙をはがし、プラダンをしっかり貼り付け、少しずつ折り込みながら、最終的にドア側に貼り付けるとうまくいきました。

プラダンはゆっくりとなじませるように折り込んでいく感じです、一気に曲げてしまうと、変に曲がったりクセがついたりしてうまくいきませんので、ドアを開閉しながら折り曲げながらを繰り返して、最後にドア側の両面テープの剥離紙もはがし貼り付けてみてくださいね。

完成!

プラダンがうまく折りたたまれながらドアが閉まると成功です。

指はさみ防止装置動作確認

いかがでしょうか、ドアを閉めるとプラダンがきれいに折りたたまれながら収まるので、見た目もすっきりしています。

後は両面テープなどの耐久性の問題がありますが、また気づきがあればレポートしてみることにしますね、ほんと1,000円もかからずできる安全対策なので、小さいお子さんがいるご家庭ではぜひお試しください!

自作指はさみ防止カバーのその後(追記)

実際に自作の「指はさみ防止カバー」を取り付けてから6年以上が経とうとしています。

気になる耐久性ですが、結論から言うと、毎日開閉するリビングのドアだと約3年です。

やっぱり3年を過ぎると両面テープがはがれてきたりして、ドアは閉まるけど突っ掛かるような感じになってきていったんはがしたうえ新たに両面テープを貼りなおしました。

結論!ドアクローザーとはさマンモスでヒヤリとすることはなくなった!

結局、子どもも成長し、指はさみがそこまで気にならない年齢になりましたが、ふりかえってみると、やっぱりドアクローザーがとても効果的で、ドアがゆっくり閉まることで、指はさみ防止としての安心感を与えてくれました。

また、子どもが成長後もドアの開けっ放しを防いだりしてくれますので「取り付けておいてよかった」というのが感想です。

あわせて後から取り付けた「はさマンモス」、こちらはさすが特許取得の市販品だけあってまだ剥がれてきたりはしていないです。

「はさマンモス」と「ドアクローザー」との併用で子どものドアの指はさみ事故をがっちりと防いでくれています。

あわせて窓の安全対策もどうぞ!

そのほかのお役立ち情報