トップページタイトル画像

別府弁天池不思議なほど青く輝く池はまさにパワースポット!日本名水百選にも認定された不老長寿の水。

別府弁天池ってどんな場所?読み方、見学の所要時間は?

この写真を見て不思議な池の水の色に驚きませんか?近年フォトジェニック(写真映えする)する名所としても人気が高いスポットです。
ここは山口県でも有名な観光地「秋芳洞・秋吉台」のほど近くにある「別府弁天池」(べっぷべんてんいけ)という観光名所です。

別府弁天池の全国名水百選の碑

なぜこんなきれいな青い色をしているかというと、その秘密はこのあたりの地形に秘密があります。秋芳洞のある美祢市周辺には、太古の昔より、石灰岩でできた地層(カルスト地形)が広がっているのですが、別府弁天池には、長い歳月をかけてろ過された透明度の高い水が湧き出ています。不純物の入っていない、キレイな水だからこそ、太陽光に照らされ、青色にキラキラと輝くというわけです。

別府弁天池のコバルトブルーの湧き水

ニジマスでしょうか?近づいてみると川魚も泳いでいる不思議な池です。

別府弁天池を泳ぐ魚

これだけ神秘的な色をしていますので、湧き水は、不老長寿の水として、すぐそばの神社に祭られているほか、「日本名水百選」にも選定されています。
また、周辺には、にじますの釣り堀や、そうめん流しのできる食堂があり、ご当地ならではの食事がいただけます。

駐車場から弁天池までは、歩いてすぐの場所にありますので、池のみを見学するのでしたら所要時間は30分程度くらいかと思います。

山口県美祢市の別府弁天池、住所はどこ?

住所は「山口県美祢市秋芳町別府水上」になります。全国的にも有名な「秋芳洞」も秋芳町にありますので、同じ町内ということにはなります。
主要交通機関での所要時間ですが、新幹線の停車する新山口駅からは車でおよそ40分程度です。
高速道路からは、中国自動車道美祢東ジャンクションから小郡萩道路を萩方面に、秋吉台インターチェンジ下車20分程度です。
ではもう少し詳しく、地図を見てみましょう。

別府弁天池周辺の地図で位置関係をご覧ください

秋芳洞から別府弁天池の移動にバスは不向き!

別府弁天池は、この付近の主な観光地である「秋芳洞」と「秋吉台」とは少し離れた場所に位置しますね。基本は徒歩での移動は無理です。移動にバスも使えなくはないのですが、バスは観光客というよりむしろ地域住民の方の足として運行されているので、観光ポイントをくまなくめぐるのには不向きです。そんなわけでこの地域の観光には車を強くおススメします。
もし、公共交通機関での旅行を検討されているのならば、新山口駅などからレンタカーの利用も便利ですね。

秋芳洞から別府弁天池へのアクセス

秋芳洞の入り口付近の駐車場からは、県道35号線経由で約10Kmほどです、県道から少し入ったところにあるうえ、目立つような看板も少ないので、あらかじめ場所をチェックしておくのをおススメします。

秋芳洞から別府弁天池に向かう際のワンポイント

秋芳洞の終点である「黒谷口」から入口付近の駐車場まで戻るのには、バスやタクシーを利用される方がほとんどです。タクシーに乗車すると「秋吉台」や「別府弁天池」に寄ってみることを勧められるかもしれませんが、ものすごく遠回りになるので、迷わず町営駐車場に戻ってから観光するようにしたほうが良いでしょう。

ここからは写真とともに別府弁天池をご案内します

弁天池-名水百選の案内板

駐車場からすぐとのところには、給水所があり、名水を汲んで持ち帰ることができます。

この水には不老長寿、財宝を授かるなどの言い伝えがあるそうですが、実際にミネラルも豊富に含まれており体にも良いそうです。

給水所から弁天池までは、木々に囲まれており、大人ひとりがやっと通れるくらいの細い道を行った先にあります。

弁天池は、真夏でも涼しいと聞いていたのですが、このあたりからだんだん涼しくなってくるのがわかりました。

弁天池に続く通路

「青色に輝く湧き水」が出る不思議な池を見学しよう

弁天池の湧き水

池を目の前にするとその青さに驚かれること間違いなしです。

この池は毎分11トン、毎秒186リットルもの大量の水が湧き出ている池で、水の透明度が非常に高く、太陽の反射で青くキラキラと輝いで見えるのです。

日が陰っている曇りや雨の天気だと残念ながらこのように青く見えないのですが、特に夏の晴天時の日差しの下では、一層その輝きが増します。

パワースポット別府弁天池、その由来とは?

弁天神社の水舎利

弁天池には古い言い伝えがあります。

太古の昔、この地方の開拓の際、水に困り、諏訪大明神に祈ったところ「弁財天をまつり青竹をつえに水をたずねよ」というお告げから、この池が発見され弁天池と呼ばれるようになったそうです。

池のそばには「別府厳島神社」があり、あたりの杉木立と相まって、おごそかな雰囲気が漂っています。

ニジマス釣りとお食事もセットでいかが?

美祢市養鱒場釣り堀

神社の奥のほうには「泉流庭」というお食事処があり、マス料理やうどん、定食、夏季にはそうめん流しもいただけるようになっています。
実はこの弁天池の隣では、この澄み切った水を用いて、ニジマスの養殖もされているのです。

美祢市養鱒場釣り堀(弁天池の湧き水で養殖)

所在地 山口県美祢市秋芳町別府水上
営業時間 9:00~16:00
料金 釣竿(エサ付)1本:300円 ニジマス:1700円/1kg ※ニジマス1匹平均250g=約400円前後(4~5匹で1キロくらいになります)

釣り堀を楽しんだ後は、「泉流庭」で調理をしてもらえます。(調理は1匹あたり300円別途)。
調理は基本の「塩焼き」から「フライ」、「あらい」まで自分の好みでやってもらえます。

泉流庭の看板

泉流庭(ニジマス料理店、夏季には杉木立の木陰でそうめん流しも)

所在地 美祢市秋芳町別府1577
営業時間 10:00~17:00
休業日 月曜 ※祝日の場合は営業、8・9月は無休

また、弁天池そばの「弁天会館」でもニジマス定食など、お昼にちょうど良い郷土料理を出してくれます。

今回は、弁天会館でゆっくりとお昼をいただくこととしました。
ちなみに弁天会館でも釣り堀のマスを300円で調理してもらえます。

弁天会館(弁天池すぐそばのニジマス料理のいただけるレストラン)

所在地 山口県美祢市秋芳町別府1578
営業時間 9:00~17:00
休業日 毎年12月1日~2月末
メニュー概要 定食 ます定食 1,400円 弁天定食 1,000円 ほか、一品料理やうどんもあり

弁天会館のます定食

別府弁天池は湧き出ている水自体が14度前後といわれ、さらにたくさんの木立に囲まれた神社があるなど、真夏でも涼しくまさに神秘的ともいえるパワースポットです、さらにお隣には釣り堀もありますので、家族連れでもたのしめるスポットです。

特に夏休みには、季節柄最適の場所と思いますので、秋芳洞に行かれる機会などありましたら、ぜひ訪ねてみてくださいね!

別府弁天池 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
Loading...
5
2.78ポイント
(23票中)

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

別府弁天池にお寄せいただいたコメントです

  1. 匿名 より:

    観光情報おいでませ山口へで弁天池の泉流庭のソーメン流しが1人350円と書いてあったので行ったけど、500円だった。卓上の回転式で3台しかなく1時間位待つようになると言われたが、3時間も待たされた。テーブルも汚れているのに拭かずに料理を並べようとした。

最近の投稿