トップページタイトル画像

入船山記念館(入船山公園)

入船山記念館(入船山公園)ってこんなところ

入船山公園は、広島県呉市にある公園で、日本の歴史公園100選にも選定されています。一番の見どころは、明治22年に設置された「呉鎮守府司令長官官舎」で現在は国の重要文化財に指定され、入船山記念館として一般公開されています。

【見学の所要時間は?】

今回は、入船山記念館と歴史民俗資料館、郷土館、旧火薬庫等見学しましたが、所要時間は約1時間程度でした。

【交通アクセス】

交通アクセスですが、JR呉駅から徒歩13分と歩けない距離ではありませんが、呉探訪ループバスの「くれたん」が土日限定で運行されています。(2017年3月現在)また、自家用車だと入船山公園向かいの入船山公園駐車場の利用が便利です。

入船山記念館(入船山公園) 五つ星評価

星を押してこの場所を5段階評価しましょう
悪い(オススメしません)今一歩普通良い最高(オススメします)
Loading...
5
5ポイント
(1票中)

サイト内アクセスランキング

総合順位 : 89 位
前週比 : 変動なし

おとりときリストをつくろう

FavoriteLoadingおとりおきリストに登録する

入船山記念館(入船山公園)の写真レポートをどうぞ

ii ii

公園の南側には呉市美術館がありますが、そこから緩やかな坂を上り、北側にある「火薬庫」「郷土館」そして「入船山記念館」を見学します。


最初に見えてくる石造りの重厚な建物、これはなに?

ii ii ii ii

この石造りの建物は呉軍港の防衛を目的とし明治32年から3年をかけ建てられたもののひとつで文化庁指定の登録有形文化財です。
昭和42年に警固屋高烏砲台跡(音戸の瀬戸公園内にその遺構をみることができます)から移築されたものです。建物内には呉市出身の画家の絵画や戦時中使用された弾丸(火薬は入っていない)などが展示されています。


実物の高角砲の展示、やっぱりデカイ!

ii ii

火薬庫の隣には、砲火工場の跡地で見つかった高角砲の砲身が展示されています。昭和18年から19年の2年間にわたり生産された実物です。


ここで入館チケットを買いますが、建物2階も見ておこう

ii ii

こちらは入船山記念館の券売所にもなっている郷土館です。この建物の2階には、これから見学する旧呉鎮守府長官官舎(入船山記念館)にまつわる資料が展示してあります。どういった人物が呉鎮守府長官としてこの地にかかわってきたのか、歴代の長官の紹介などもあり、記念館の見学の予備知識としてぜひとも見ておきたい所です。


写真で見るより大きく立派だった入船山記念館

ii ii ii ii

いよいよ旧呉鎮守府長官官舎(入船山記念館)の見学です。写真で見るよりもずっと大きく、和洋折衷の立派な屋敷といった感じです。ステンドグラスのドアが本来の正面玄関なのでしょうが、見学者は建物奥の入り口から入館します。


ただの壁紙にあらず、金唐紙によって創り出される重厚・豪華な空間がすごい

ii

建物内は金唐紙という壁紙が随所に使われています。記念館の隣にある「呉市民俗資料館」でも詳しく紹介されていますが、金唐紙の由来は17世紀に始まり、明治5年東京で製造されるようになったといいます。そして明治6年にはヨーロッパに紹介されバッキンガム宮殿の装飾に使われるまでになったというものです。
現在日本でも復元品あわせて8か所の建物に使われるにとどまり、そのほとんどが国指定の重要文化財という貴重なものです。


まるでタイムスリップしたようなレトロな空間がたまらないぞ

ii ii ii ii

こちらは建物内の洋館部分の写真です。ご覧のとおり室内は先ほどの金唐紙がふんだんに使われ、とても重厚で荘厳な雰囲気です。置かれている調度品も当時のヨーロッパ製の椅子など素晴らしいもので飾られています。


ii ii ii ii

こちらは歴史民俗資料館で金唐紙のコレクションなどの展示があります。最後の写真なんだかわかりますか?これは金唐紙の原板でこれに和紙をブラシでたたきつけ金唐紙特有の凹凸を出していくのだそうです。


帰り道、見落としがちだが見ておきたい構造物

ii ii

最初の写真は番兵塔といい、警備のための建造物です。基礎石は昼夜問わず番兵が建っていたため、足の部分がすり減っているそうです。
2つ目の写真は、旧呉海軍工廠塔時計で、大正10年から昭和20年の終戦まで軍需工場の屋上に設置されていたものです。昭和46年にこの地に移築され昭和56年に修復・復元作業がおこなわれ再び時を刻みだしました。


ii

この建物は、登録有形文化財指定の「旧東郷家住宅離れ」で現在は休憩所として開放されています。
東郷といえば、世界三大提督のひとり、東郷平八郎のことで、海軍大佐の時、明治23年から翌年にかけ呉鎮守府第2代参謀長として在任中過ごした居宅の離れがこの建物です。
空家となって荒廃していたところ、昭和55年、市によってこの地に移築されました。

いかがだったでしょうか、入船山公園は呉にまつわる文化財がたくさん保存されており、なによりも入船山記念館のレトロでクラシカルな雰囲気は一見の価値があると思います。大和ミュージアムを含めた呉観光にぜひ加えてみてくださいね。


入船山記念館(入船山公園)の詳しい情報はこちらからどうぞ

住所

広島県呉市幸町4番6号

営業時間など

9:00~17:00
入館は16:30まで

利用料金など

【観覧料】
一般250円
高校生150円
小・中学生100円

駐車場について

公園向かいの入船山公園有料駐車場を利用

コメントはこちらからお気軽にどうぞ

コメントを入力し、確定ボタンを押してください。

お名前とメールアドレスの入力は任意です。

メールアドレスが公開されることはありません。

週間アクセスランキング
12/08~12/15